ローコスト住宅ランキング

各都道府県のローコスト住宅をランキング形式でご紹介しています。
ランキングは、当サイト独自の判断です。

都道府県別ローコスト住宅ランキング

北海道・東北
北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島
関東
東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 山梨
信越・北陸
新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井
東海
愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重
近畿
大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山
中国
鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口
四国
徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州・沖縄
福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

超ローコスト住宅ランキング

住宅メーカーの比較

秀光ビルド

関西圏を中心としたローコスト住宅メーカーです。規格住宅でコストダウンをしています。ただ、「耐震等級2」がちょっと気になりました。このメーカーに限らずローコストの根拠を検討して納得するのが重要です。

アイダ設計

CMの「888万円の家」で有名なハウスメーカーです。間取りは4LDKなので、家族でも大丈夫ですね。この価格でこの標準装備は驚きです。ネット評判も概ね良好。海外のCADセンターや自社のプレカット工場などコストダウンに工夫をしてこの価格を維持しているようです。

アイフルホーム

アイフルホームはフランチャイズ方式で全国展開している一方で、ので、「web housing」というインターネットで住宅を建てるというコンセプトの商品があります。700万円台からありますがちょっと狭いです。
フランチャイズなので、技術的にはマニュアルがしっかりしていると思いますが、サービス面のクオリティはばらつきがあると思います。

タマホーム

以前は、坪単価25.8万円と安さを強調していましたが、現在は公表しなくなりました。公式ホームページでは「適正価格」を謳って、低価格の住宅を建てるための工夫を説明しています。体験談などを見てみると、おおよそ40万円程度のようです。大手住宅メーカーの中では安い部類だと思います。また、価格の特徴としては「値引きをしない」そうです。でも、数百万円も値引きするよりは誠実な対応ですね。

アキュラホーム

工務店をネットワークして大量の一括仕入れによるコストダウンをしています。ローコスト住宅としてはやや高いようですが、同等の価格帯のメーカと比べると外観がカッコイイ。また、「大収納のある家」のように特徴のある規格住宅がラインナップしているので惹かれる方も多いようです。

アエラホーム

高気密高断熱の長期住宅を謳っているので、現在ではローコスト住宅から方向転換したのかもしれません。ただし、ローコスト住宅時代に培われたノウハウは必ず行きていると思いますので、品質を考えればコストパフォーマンスの高い住宅が建てられそうです。

ユニバーサルホーム

アイフルホームを立ち上げた方が設立した住宅メーカーなので基本はローコスト住宅を目指しているようです。このメーカーの特徴は「地熱床システム」です。独自の技術のようで快適な空間が生まれるようです。

メリット・デメリット

メリットは「安い」ということに尽きます。住宅が安くなれば、その分、資金を教育費に回せたり車を購入したり、ローンも早く終わるかもしれないので、精神的にも楽になります。

デメリットは、「夢のマイホーム」ではないということです。安くするためにはいろいろなことを我慢しなければなりません。間取りだったり装飾だったり設備だったり。ただし、安全は確保されているといてもいいでしょう。なぜなら問題がおきた時に訴訟になると、住宅メーカーや工務店の損害は甚大だからです。

ローコスト住宅の定義
当サイトでは、「ローコスト住宅」の定義は、4人家族が住める間取りで本体価格が1600万円以下を目安とします。面積が小さくなる傾向なので坪単価は50万円前後になることが多いですが、1600万円以上でも坪単価が安い場合(40万円以下)には掲載しています。

超ローコスト住宅の定義
当サイトでは、「超ローコスト住宅」の定義は、3人家族が住めて本体価格が1000万円以下としています。間取りの目安は2LDK以上です。

注意:どちらの場合も、中古住宅および建売住宅は含めません。注文住宅のみを対象としています。